活動継続に向けて「CAMPFIRE」で支援募集開始

みなさん、こんにちは。

2016年シーズンから活動を始めてまいりました、「柏でよりみちアディショナルタイムズ」ですが、この度活動費の援助をしていただきたく、クラウドファンディングにて支援募集を開始しました。

今頃、クラウドファンディング。その理由

柏でよりみちアディショナルタイムズは、当初は持ち出しでできる範囲でやっていこう、というモチベーションレベルからやっており、地元企業の協力で印刷をお願いしていたところがありました。しかし、柏駅前は「柏そごう」の閉店もあり、駅前の賑わいが減少する中、地元地権者と柏市、東京大学などで構成される「アーバンデザインセンター柏」から柏駅前の賑わい作りを目的とした助成金の利用を推薦され、申込みを行い採択をされました。

助成金募集より先に活動を開始していた私たちにとっては、印刷などの資金面に不安を感じていたところにありがたい助けとなりました。

しかし、この助成金も連続申請の上限が加わり、2019年を最後に申請ができなくなります。そのほかの地元からの協力も少しいただいておりましたが、この機会に広く支援をいただこうということになり、クラウドファンディングに乗り出しました。

CAMPFIREの担当者も清水サポ

さて、今回はシーズン終了の挨拶におきまして、クラウドファンディングの予定を書いておいたところ、CAMPFIREの運営の方から、お声をかけていただきました。というのも、柏駅で紙面をもらっていたという柏サポからメッセージをいただき、実はこの人が運営の方だったというのです。この方はプロジェクト相談をする窓口ではなく、裏方だったのですが、担当していただいた方も清水サポというJリーグサポーターチームが組み立てたプロジェクトとなりました。

サポーターとして、欲しい情報や支援をする人の立場で、指導をしていただきプロジェクトの公開までたどり着けました。まだ、少し書き足りない部分もありますが、公開初日から物凄い勢いでご支援をいただけていることに驚愕しています。

そして、この活動をやっていると、「サポーター」のネットワークで繋がり、それぞれの仕事を活かした活動ができることの喜び・すごさを毎回、認識させられます。

Jサポーターさんへ

「それ、実は柏。」っていうものが、まだまだたくさんあります。
試合に見に来ただけかもしれませんが、柏は都心には負けない美味しいお店がたくさんあります。あの有名人は実は柏に、なんていっぱいあります。いっぱい柏を知ってもらいたいと思っています。

柏だけじゃない!隣の流山だって、我孫子だって!隠れた名所ぞろいです。

それを届けられるのは、柏でよりみちアディショナルタイムズです。
試合だけじゃ、終わらない!ディープタウンです。
どうぞ、ご支援をよろしくお願いします。

柏のみなさんへ

柏には、ポテンシャルが溢れています。このポテンシャルをアビリティに昇華させましょう!
「〇〇サポさん、今日は遠くから来てくれてありがとうございます。応援お疲れ様でした!」など黒板でメッセージを書くだけでも、見た人は心が温まり、お店の人に少なからず信頼を覚えます。「あなた方を受け入れますよ」という意思表示は、普段その街にいない人からすると安心感が生まれます。

そんなホスピタリティ溢れる街に私たちはしていきたいと思っています。

サッカーのことが分からなくても、私たちがお手伝いします。
もしよろしければ、ご支援をよろしくお願いします。

もしくは、サッカーの試合の日だけでも、メッセージを店先にぶらされて見るのはいかがでしょうか。

本題に戻って

クラウドファンディングの目標額は70万円です。
年間の活動費30万 (17チーム)
総集編製作費27万
CAMPFIRE手数料17%(12万前後)

プロジェクト単体としては高額かと思いますが、印刷費や道路使用許可など活動費自体は30万です。そして、人件費などは出ていません。全てボランティアベースの金額です。

改めまして、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

ついでに、2020年のJサポフリーペーパーサミットの開催も決定です!(詳細は別記)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)